夢、時々…

どうか私の穏やかな心を返して下さい。

流星

何光年もの月日を経て流れ星となり、
どこか遠くへ離ればなれになったとしても
同じ星座であればきっと同じ場所へと戻ってくる。
だから僕達、私達は同じ星座であると信じたい。




まだ君の中 閉じ込められた幾つもの迷いは
僕の中で燃やし尽くせる
だからもう怖がらずに預けてほしい。





相手に想われるということ...


それがどんなに素敵なことか。





相手に執着し、滅びる事の恐怖より
その幸せすら知らずに終わってしまう愚かな自分


果たしてどっちの方が利口だろう。






私は、
もっともっと生きていたいなと…


ただそれだけを思うようになりました。



人生30年計画だなんてバカらしいよね




少しでも、


たった1日でも、




大事にしていきたいな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。